FOOD
2018.11.13

BRIDGE BREWを知って頂きたい!

BRIDGE BREWとRenovationで架け橋を

忘れていました!

まず皆さんにBRIDGE BREWを知って頂くことを。。。

 

遅ればせながら、当店のご紹介をさせて頂きます!

 

まずお店の場所!   

          ココでーす↑

 

福井駅や片町の近くの『浜町』というところにあります!

若年層の方たちはあまり聞いたことない名前かもしれませんが

片町のお隣、足羽川のお隣なのでよく通ったことあると思いますよ!

浜町には昔ながらの建築物もあり少し落ち着いた雰囲気の街並みになっております。

 

目の前には有名な建築家、隈研吾さんによって建築された開花亭so-anさんの建物を眺めることこできます。

 

さて、そんな場所にあるBRIDGE BREWですが、

築50年以上の古いビルを一棟まるごとリノベーションした「CRAFT BRIDGE」の3階にあります。

 

リノベーションとは『革新、刷新、修復』を意味し、

既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり

価値を高めたりすることを言います。

 

CRAFT BRIDGEのコンセプトは

~工藝の未来へ橋を架ける~

”北陸には世界に誇れる工藝があります。

和紙、漆器、陶器、木工、刃物、それに地酒にCRAFT FOOD

それらを生みだす丁寧な手仕事と心は、北陸の風土に寄り添いながら生まれてきました。

”手で物をつくる”工藝という行為はシステム化した便利な現代の中で、対極にある行為とも思われますが、この行為こそが、未来に繋ぐべき大切な本能的かつ知的行為だと考えます。

工藝の過去から現代への架け橋、北陸から世界へ、そして、未来への橋を架ける。”

 

そんな思いが込められていたんですね!!

 

 

 

リノベーションの工事の際にはオーナー自ら店内の壁を塗装したり、

スタッフも協力しながら内装を手がけました。

 

外からみると古いビルかもしれませんが、一歩中に入ると全く違う空間が広がります。

「福井にはなかなか無い感じのお店だね」

「お洒落!」

「海外みたい」

 

など、ご好評の声を頂いております!!

 

BRIDGE BREWは”よりよい食の橋渡し”というコンセプトのもと

福井の工藝をBRIDGE BREWを通して皆さまにお届けしたい、という思いがあります。

 

たとえば当店で使用している包丁はものづくりの町、越前町で営むカトウ打刃物製作所で

お作り頂いたもだったり、

店内に飾られているインテリアの中には、福井の工藝品も置かれています!

 

お洒落な店内に秘められた工藝の世界。本当に素敵な空間です。

 

食材では、

麻生伝兵衛さんの『越のルビー』

前田稔さんという方が作る『みのるの卵』

越前町で作られる有機米『田んぼの天使 コシヒカリ』

越の磯さんの地ビール『福井浪漫麦酒』 

 

食材も農家の方々が手仕事でひとつひとつ愛情込めて作ってくれています。

それも一つの工藝・CRAFTです。

 

 

また当店はただ飲食するスペース、だけではなくコミュニティの場として様々な分野で活躍する人が出会い、また新しい分野へと発展するような、そんな”場所”を目指しています。

 

*イベントで場所貸し等も可能ですのでお気軽にお問い合わせください!

 

 

BRIDGE BREWは福井の素敵な部分を皆さまにお届けするために

BRIDGE(橋)の役割をします!

 

皆さまが誇れる福井を全国、世界へ発信していくために!!

 

CRAFT BRIDGEのサイトURLも添付するのでよろしければチェックしてみてください。

http://craftbridge.jp

 

 

今回は当店についてご紹介しましたが、

少し知って頂くことはできましたでしょうか。

 

今後もスタッフ共々皆さまによりよいものをお届けできるよう

イベント等も色々考えていきますので、お楽しみに〜!!!

 

 

 

寒い日が続いていますが、皆さま体調にお気をつけて残り少ない平成を

楽しみましょう!!

 

 

BRIDGE BREW Rioでした!!

 

皆さま是非お店でお会いしましょう!